COMIX 家族でできる7つの習慣

自己啓発本は、自分が読みたい・知りたいといった欲求がないと読んでも頭に入りません。 23歳で入社したシステム開発の会社(倒産済み)ではスティーブン・R・コヴィの「7つの習慣」を読むことが義務ずけられており、そこから学んだことを報告書にまとめると…

自民党で選挙と議員をやりました

選挙に立候補する予定も見込みもないわけですが、訳あって自民党から立候補して戦う市議会選挙とはどういうものなのか、知る必要があったので購入。まあ、いろいろあるのです。 さて、著者である山内和彦さんは自民党の公認候補として川崎市議会議員の補欠選…

がんばれ!!小さき生命たちよ―村田修一選手と閏哉くんとの41ヵ月

出産は奇跡だ。この言葉はマンガ「コウノドリ」の主人公、鴻鳥サクラのセリフである。 昨年、妻が第一子を出産し、父になった自分が我が子と対面したときに頭に浮かんだののが冒頭の言葉だった。当たり前の出産はなく、母たちが身体を、精神を削り、命をかけ…

投資家が「お金」よりも大切にしていること

投資信託の界隈では有名な「ひふみ投信」を運用、販売しているレオス・キャピタルワークス(株)の創業者であり、代表取締役である藤野英人さんが書かれた本書。 普通に生活をしている中では、出会うことがなく、謎に包まれている職業のひとつである「投資家…

嫌われる勇気

ベストセラーとなったアドラー心理学による自己啓発本 本書は「嫌われる勇気」というタイトルではあるものの、嫌われものになるためのノウハウ本ではない。嫌われることを恐れていては何もできないよ、という意味である。 100人いれば100人に好かれることは…

ヒキコモリ漂流記

中学2年の夏から6年間ひきこもっていた髭男爵の山田ルイ53世。本名、山田順三。 芸人としてよりも一人の人間として、彼が経験したひきこもり生活とその後の困難について書かれた自書伝である。 ここでいう困難とは、芸人全般による売れないことによる困難と…

スタンフォード大に三人の息子を合格させた50の教育法

子育ての成功体験本なわけですが、アグネスさんの子育てを真似できるかと言えばできない。でも、この本に書かれていることで自分が参考にできるところは子どもに何を与えたいのかを明確にすることだと思う。 人を傷つけない人にとか、自分で自分の道を切り開…